赤みは炎症@赤みを抑える成分入りニキビ跡ケア用品で回復!

 

ニキビの特徴と言えばその赤みです。実はこの赤み、皮膚に炎症が発生しているため現れているのです。
ニキビの赤みを抑えるためにはニキビによって発生した炎症を鎮める必要があります。炎症を鎮めてきちんとニキビ跡をケアしましょう。

 

 

 

1:ニキビの赤みは炎症の赤み

 

 

ニキビの原因は「アクネ菌」という菌が原因であることは広く知られています。アクネ菌は人間の皮膚に存在する表皮常在菌の一種です。
皮膚が健康な状態ならばアクネ菌は特に悪さをしません。しかしアクネ菌の好む無酸素状態が作られると活発に増殖していってしまいます。
毛穴に皮脂や角質が詰まると中は無酸素状態となりアクネ菌が増殖する絶好の環境となります。

 

アクネ菌が活発に増殖を始めると体内の免疫細胞が異物とみなして攻撃を開始します。
アクネ菌が免疫細胞に攻撃される際、目印として炎症を発生させる物質が分泌されます。
免疫細胞は炎症物質を目印にアクネ菌を攻撃しますが、その際の炎症により発生する赤みや腫れがニキビです。
ニキビによる炎症は体の正常な免疫反応であるため過剰に心配する必要はありません。
清潔や規則正しい生活習慣を保っていれば肌がターンオーバーするに従い、ニキビによる炎症は治っていきます。

 

しかし炎症が発生したことにより皮膚のバリア機能が一時的に低下してしまいます。
バリア機能が低下した肌に紫外線によるダメージが加わると赤から茶色っぽいシミがニキビ跡にできてしまいます。
また炎症が発生したことにより壊れた細胞を修復するため、、炎症患部に新しく毛細血管が作り出されます。
毛細血管により血流が増し酸素や栄養素が供給されることで壊れた細胞が再生していきますが、ニキビが治っても毛細血管が元に戻らない場合があります。
この場合は赤いニキビ跡になってしまいます。ニキビ跡の赤みは紫外線と毛細血管が原因となって現れます。

 

 

2:赤みを抑える成分でニキビ跡をしっかりケア!

 

 

 

ニキビ跡の赤みを解消させるためには清潔と規則正しい生活習慣やバランスのよい食生活が基本となります。
それに加えて赤みを抑える成分が含まれたスキンケア製品を使用することでなお、効果的にニキビ跡のケアができるでしょう。
赤みを抑える成分は様々ですが、中でも効果が高いものを紹介します。

 

・グリチルリチン酸
グリチルリチン酸は「甘草」という植物の根から抽出される成分です。
胃炎などの炎症を鎮める漢方として古くから利用されてきました。高い抗炎症作用を持つため皮膚科でも医薬品として処方されることがある成分です。
ニキビ跡の赤みは炎症が原因で発生しているため、高い抗炎症作用を持つグリチルリチン酸を塗布することで赤みを鎮める作用が期待できます。
ニキビ跡だけではなくニキビの治療にも効果的なため、ニキビができてしまったら使ってみるとよいかもしれません。

 

・プラセンタエキス
プラセンタは胎盤から抽出されたアミノ酸やミネラルのことを指します。
赤ちゃんと母体をつなぐ胎盤には様々な有効成分が含まれており、皮膚に塗布することで肌に様々な良い効果を表します。

 

中でも美白効果が高いと考えられておりニキビによる赤みを解消する際に効果的です。
プラセンタは豊富なアミノ酸が含まれており、皮膚に塗布することでその部分のターンオーバーを正常にする作用があります。
ターンオーバーが正常になれば、シミは古い細胞とともに垢として皮膚から排出されます。
またニキビによる炎症によって増えてしまった毛細血管も十分に細胞が回復すれば薄く目立たなくなっていきます。
プラセンタはシミの原因となるメラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素の働きを阻害する作用もあるため、シミを予防するためにも有効です。

 

・ビタミンC誘導体

 

 

ビタミンC誘導体は皮膚から吸収され体内に存在する酵素によってビタミンCに変化する物質です。
ビタミンC自体は皮膚からの吸収率があまりよくない物質ですが、ビタミンC誘導体は皮膚から吸収されやすいという特徴があります。
しっかりと吸収されてからビタミンCになるため、皮膚の内部でしっかりと効果を表すことがメリットです。

 

ビタミンC誘導体は3-0-エチルアスコルビン酸、リン酸アスコルビルマグネシウム、アスコルビン酸PMなどといった表記がされている物質です。
アスコルビン酸がビタミンCのことを指しています。ビタミンCには皮膚の炎症を鎮めて、赤みを軽減させる作用があります。
そのほか皮膚のターンオーバーを活性化させてできてしまった赤みやシミを古い細胞とともに排出させる働きも期待できます。
赤みやシミだけではなく、皮脂の分泌を抑制する働きがあるためニキビの予防にも効果的です。そのため普段から化粧水や美容クリームとして使用するといいかもしれません。

 

皮膚の赤みやシミを目立たなくさせるためには規則正しい生活で皮膚のターンオーバーを向上させ、赤みを抑える成分が入ったスキンケア製品を使用するのがポイントです。
ニキビの赤みがなかなか消えない場合はぜひ試してみましょう。

 

 

●まとめ●

赤ニキビ跡を改善するためには、お肌の赤みを鎮めてお肌のターンオーバーの乱れを整えてあげることが大切です。
規則正しい生活習慣と清潔さを保ち、炎症を抑える成分と保湿成分が含まれている基礎化粧品を選ぶと良いですね。