赤ニキビ跡を治す@ニキビ跡改善化粧水で潤いを強化!

 

ニキビが治ったと思っても、その後赤ニキビ跡が残ってしまったら残念ですよね。
人によってはニキビ跡が残りやすい人もいるため、いつもいつも残るニキビ跡に悩まされている人もいるのではないでしょうか?
赤いニキビ跡を改善させるためには皮膚のターンオーバーを活性化させることが重要です。

 

 

 

 

1:赤ニキビ跡はなんで起きる?

 

 

ニキビは「アクネ菌」という表皮常在菌の働きによって発生します。アクネ菌は毛穴が皮脂や角質によって詰まり無酸素状態になると活発に増殖し始めます。
増殖したアクネ菌は体の免疫細胞に異物として認識され、排除するため攻撃されます。
しかしアクネ菌を攻撃する過程で破壊された細胞を回復するために栄養素や酸素が必要になります。
栄養素や酸素を患部に供給するために新しく毛細血管が作られたり、血管が拡張されたりします。
この毛細血管が透けて見えるため、ニキビは赤く見えます。通常ならば増えたり拡張したりした毛細血管は皮膚がターンオーバーする過程で目立たなくなっていきます。
しかし皮膚のターンオーバーが乱れてしまうとなかなか消えずに残ってしまいます。赤ニキビ跡を改善するためには皮膚のターンオーバーを促すことが重要です。

 

 

2:皮膚のターンオーバーとは?

 

 

 

皮膚のターンオーバーとは表皮が新陳代謝して古い細胞が新しい細胞に入れ替わっていくことを指します。
表皮の下で新しい細胞が作られ、どんどん上に押し上げられていくことで古い細胞が新しい細胞になります。
古い細胞はどんどんと上に押し上げられ最終的に垢として皮膚から剥がれ落ちていきます。個人差はありますが皮膚のターンオーバーは28日間を周期としています。

 

しかし皮膚のターンオーバーが乱れてしまうと古い細胞が皮膚に残ったままになり、皮膚の機能が衰えていきます。
また古い細胞が角質を厚くしてしまうことで毛穴を詰まりやすくさせニキビが頻出する原因にもなります。

 

 

3:皮膚のターンオーバーが乱れる原因とは

 

 

 

皮膚のターンオーバーが乱れる原因は様々です。代表的な原因には以下のようなものがあります。

 

・ストレス
ストレスは交感神経を刺激します。交感神経が刺激され優位になると心身は常に緊張した状態になってしまいます。
血管が収縮して皮膚に十分に血液が送られなかったり、睡眠の質が低下したりするため皮膚のターンオーバーが乱れます。

・加齢
加齢とともに皮膚の機能も低下していきます。細胞も分裂する頻度が少なくなるためターンオーバーが乱れやすくなります。

・紫外線
紫外線は皮膚の細胞にダメージを与えます。適切な紫外線ケアを行わないとターンオーバーが乱れる原因となります。

・睡眠不足
皮膚がターンオーバーするのに重要な成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。
睡眠不足になると成長ホルモンが十分に分泌されずターンオーバーが乱れてしまいます。

 

4:ターンオーバーが乱れると

 

 

皮膚のターンオーバーが乱れてしまうと皮膚が非常に乾燥しやすくなります。
乾燥した肌はバリア機能が低下し外部からの刺激に弱くなるほか、新陳代謝も落ちてしまうため赤ニキビ跡が治りづらくなってしまいます。
ターンオーバーが乱れた肌は乾燥しやすく、乾燥した肌はターンオーバーが乱れやすくとお互いに負の影響を与えるため、改善することが必要です。

 

皮膚の乾燥を改善するためには化粧水を利用するのが手軽でおすすめです。
洗顔後や入浴後などは皮膚から水分が逃げやすい状態のため、特に念入りに化粧水で保湿をするとよいでしょう。
化粧水ならばなんでもよいわけではなく、しっかりと皮膚に浸透するものを選ぶようにしましょう。
皮膚に浸透する化粧水を選ぶポイントは以下になります。

 

 

乳化(エマルジョン)している製品を選ぶこと

皮膚は油性であるため、水分があまり浸透しません。しかし乳化して水分と交じり合う性質になった化粧水ならば効率的に浸透させることができます。
化粧水を選ぶ際は乳化されているものを選ぶようにしましょう。

 

弱アルカリ性の化粧水を選ぶこと

人間の皮膚は弱酸性をしています。そのままでは皮膚の防御機能が強く、有効成分が皮膚に浸透しません。
弱アルカリ性の化粧水を使用することで一時的に皮膚を酸性からアルカリ性に傾け、有効成分がより浸透するのを助けます。
アルカリ性に傾くのは一時的なものなので皮膚のバリア機能が低下することもありません。

 

また赤ニキビ跡の改善のためには皮膚の炎症を改善する抗炎症成分が含まれているとなおよいでしょう。
特に効果の高い抗炎症成分としてグリチルリチン酸が挙げられます。
グリチルリチン酸は「甘草」という漢方の一種から抽出される成分で強い抗炎症作用を持っています。
皮膚科での治療にも使用される成分のため炎症を鎮めるのにはぴったりです。

 

化粧水はお手軽に皮膚を保湿できるからこそこだわることが重要です。
毎日のケアで保湿に適した化粧水を使い続けることで、皮膚に水分が保たれターンオーバーが正常になり赤ニキビ跡を改善する効果が期待できるでしょう。

 

 

●まとめ●

 

 

赤ニキビ跡を改善するためにはお肌のターンオーバーの乱れを整えてあげることが大切です。
洗顔後に時間をおかずにしっかりと化粧水で保湿をしてあげましょう。

 

ニキビやニキビ跡のお肌はとても敏感ですので、刺激の少ない化粧水を選ぶようにしましょう。