そのお尻ニキビも腸内環境を整えると改善するかもしれません

お尻ニキビが出来ると、座るたびに痛みが強く出てしまうこともあります。

 

刺激を与えやすい部位でもあるので、ニキビ自体が大きくなってしまう、といったことも十分に考えられるのです。

 

しっかりと対処していかなければなりません。

 

そのお尻ニキビへの対処ですが、実は腸内環境対策が重要なのです。

 

こちらではお尻ニキビと腸内環境の関係性、さらにどんな対策方法がおすすめなのか、といったことを明らかにします。

 

 

■腸内環境がお肌に与える影響

 

・悪玉菌の増加がお肌の状態を悪くする

 

腸内環境が悪化するケースですが、菌が大きく関わっています。

 

腸内には、善玉菌と悪玉菌、そしてどちらにも属さない日和見菌といったものがあります。

 

腸内環境が悪化している方の多くは、悪玉菌が増えすぎている、といった状態になってしまっているのです。

 

悪玉菌が増えていると、便秘になりやすくなります。

 

腸内の働きが弱ってしまうのです。

 

その結果、栄養がしっかりと体内に吸収されなくなります。

 

お肌の生成にも大きく関わっているビタミンやミネラルといったものが、お肌に供給されにくくなります。

 

ターンオーバーに遅れが出始め、古い角質がお肌の上に残り続けてしまうのです。

 

古い角質がお肌の上にあるような状態が続いてしまうようになると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

 

お尻でもそういった状況になってしまい、結果としてニキビが発生してしまうのです。

 

ここで考えて欲しいのが、いかにして腸内の菌のバランスを整えるのか、といったことです。

 

お尻ニキビで悩んでいる方は、腸内細菌の状態を良くするような対策法を立てるべきです。

 

 

■腸内環境を整えてニキビを抑制させる方法

 

・発酵食品を積極的に食べること

 

発酵食品には腸内の菌の働きを手助けするような菌がたくさん含まれています。

 

有名なのが乳酸菌ですよね。

 

そういったものを摂取することで、腸内の善玉菌お状態が良くなっていくのです。

 

ヨーグルト
納豆
キムチ
つけもの

 

などなど、さまざまな発酵食品があります。

 

それらを定期的に食べる、といったことが重要ですよ。

 

ちなみに発酵食品には酵素といったものが含まれており、摂取することで消化や吸収を手助けしてくれます。

 

 

・食物繊維を取ること

 

野菜や果物などに多く含まれている食物繊維は腸の働きを促進させてくれます。

 

食物繊維には水を含んで大きくなるので、腸内に刺激を与えられるのです。

 

その結果、腸に蠕動運動が起こり、便秘の解消効果が得られます。