ニキビや吹き出物・おできって似ているけど何か違いはあるの?

大人ニキビに悩んでいる方は多いですが、それは本当にニキビでしょうか。

 

ニキビではなく、吹き出物やおでき、といった可能性もあるのです。

 

こちらでは、ニキビと吹き出物、さらにおできの違いを明らかにします。

 

自身にできているニキビのようなものをチェクしてみましょう。

 

 

■ニキビと吹き出物は一緒、おできは違う

 

・ニキビと吹き出物・・・アクネ菌が関係している
・おでき・・・黄色ブドウ球菌が関係している

 

そもそも原因が同じものと違うものがあるのです。

 

ニキビと吹き出物は意外かもしれませんが、あのアクネ菌が関係しているので、同じもの、と判断できます。

 

アクネ菌対策をすればニキビも吹き出物もできなくなります。

 

おできは少し異なっており、黄色ブドウ球菌といったものが関わっているのです。

 

黄色ブドウ球菌は化膿菌とも呼ばれており、毛穴に入り込んでお肌に悪さをしてしまいます。

 

 

■出来る部分の違いに注目せよ

 

・ニキビと吹き出物・・・毛穴に出来る
・おでき・・・毛包に出来る

 

要は、ニキビと吹き出物に関しては、皮膚の表面に近い部分にできる、といった特徴を持っているのです。

 

一方で、おできに関しては毛包に出来ます。

 

よりお肌の深い部分にできるといった特徴があります。

 

出来る部分が違うことで症状の強さにも大きな差があるのが現実です。

 

 

・症状の違いとは?

 

ニキビと吹き出物に関しては、毛穴に関わるものなので、それほど強い痛みが発生しません。

 

大きさもそれほど心配になるほどのものではないのです。

 

もちろん触ってしまうことで、炎症の範囲が多少広がってしまいますが、直径1センチ未満の大きさであることがほとんどですよね。

 

おできに関しては、皮膚の奥の部分が可能して炎症をおこしてしまいます。

 

広範囲にわたって赤みが出てしまうこともありますし、痛みが強く発生してしまう可能性も少なからずあるのです。

 

おできはお尻に出来やすい、といった特徴もあり座るたびに強い痛みを発生してしまう可能性があります。

 

生活に支障をきたすことがあるので、あまりに症状がきつい場合には、医療機関でしっかりと対処してもらわなければ貼りません。

 

 

■対処方法に違いはあるのか?

 

・清潔な状態を保ち刺激を与えないこと

 

おでき、ニキビ、吹き出物、ともに対処法に関しては同じようなものです。

 

清潔な状態を守って、強い刺激を患部に与えない、といったことが重要です。

 

その上で、ストレス対策や食生活対策を実行しましょう。