思春期ニキビと大人ニキビの違いは?

顔や体のあちこちに吹き出てくる、しつこいニキビ。しつこくて嫌になっちゃいますよね。

 

そんな悩みは思春期だけで終わりかと思ったら、

 

大人になってからも悩まされているという人が増えています。

 

昔は20歳を超えたら吹き出物と、言ったりしていましたが、

 

実際に出来たニキビはどちらも見た目は変わりません。

 

では何が違うのか、というとその原因です。

 

 

 

と、その前にそもそもニキビはどういう原理で発生するのかを説明します。

 

ニキビとは顔だけではなく、体中に出来ます。

 

皮脂線があるところすべてに発生するといっても過言ではありません。

 

毛穴の近くにある皮脂線というところから、皮脂が分泌されているのですが、

 

様々な原因によりその皮脂が過剰に分泌されたりして、

 

毛穴を詰まらせてしまいます。

 

そうするとその詰まった毛穴の中に皮脂や角質がたまって行くのです。

 

その状態が黒ニキビや白ニキビと言われる状態です。

 

そこにアクネ菌という菌や紫外線が悪さをして、化膿させ赤ニキビとなります。

 

この皮脂が過剰に分泌されたり、はたまた毛穴が詰まったりの原因が、

 

思春期ニキビと大人ニキビでは違ってくるのです。

 

 

 

まず思春期のニキビは、皮脂の分泌が盛んになるために、

 

皮脂が毛穴をふさいでしまい、その中にさらに皮脂や角質がたまり出来ます。

 

さらに思春期にはテストスラロンという成長ホルモンが分泌されているのですが、

 

それが皮脂の分泌を促しているため、どうしてもニキビになりやすいのです。

 

思春期のニキビの場合は、皮脂の量をコントロールすること、

 

清潔にすること、で多くの人が完治します。

 

 

 

 

それに対し大人ニキビの原因は、一つに絞ることが出来ません。

 

不規則な生活、乱れた食生活、飲酒に喫煙、ストレスに

 

誤ったスキンケアに化粧品の使い過ぎなど、様々な原因が挙げられます。

 

大人ニキビで悩んでいるという人は、この中に何個も思い当たる節が

 

あるのではないでしょうか。

 

これらの原因により、皮脂が過剰に分泌され、もしくは毛穴がつまり、

 

ニキビへと発展していくのです。

 

また、不規則な生活によりターンオーバーと呼ばれる

 

お肌の新陳代謝の周期が乱れて、角質がたまって行き、

 

ニキビへと変化していくケースもあります。

 

 

 

このように思春期のニキビは、成長の過程として避けられない部分もありますが、

 

大人ニキビは生活習慣を変えることによって、予防することが可能なのです。

 

大人ニキビが発生したらまず自分の生活習慣を顧みて、改善していくことが大事です。

 

それと同時に早めに正しい治療を行って、痕が残らないようにしましょう。