即効性のあるニキビ薬ってある?どこで手に入る?使い方は?

ニキビができたらすぐに治療したい!

 

それがお尻や顔ならなおさらですよね。

 

放置すればするほどひどくなり痕が残ってしまう可能性が高くなります。

 

美容的に見ても医学的に見てもニキビは早く治療するに越したことはありません。

 

しかし、わざわざ病院に行くのはちょっと気がひけますよね。

 

そこで気になるのが即効性があるニキビ治療薬です。

 

自宅で治療できるのにすぐに治るのであれば誰でも使ってみたいと思います。

 

ここでは、そんな気になる即効性があるニキビ薬について調べてみました。

 

良く読んでから自分にあったニキビ薬を選ぶようにしてくださいね。

 

 

 

@ 抗生剤、抗菌剤入りのニキビ薬

 

やはり、一番効果があるのはアクネ菌に直接作用する抗菌剤や抗生剤が入っているニキビ薬です。

 

菌の増殖を抑えますので、一番即効性があります。

 

抗生剤入りのニキビ薬は病院でしか処方してもらえませんが、抗菌剤入りであればドラッグストアや薬局で手に入れることができます。

 

ただし、病院で処方されるものに比べれば成分がマイルドになっていますので、即効性も比較的低くなります。

 

それでも、抗菌剤は入っていますので、その他の自己治療法に比べれば強力です。

 

もし、皮膚科でニキビ治療を受ける場合はこれらのお薬に加えて、ビタミン剤や皮膚を再生するお薬、漢方薬、など効果的な薬を組み合わせて処方してもらえますので、さらに完治までのスピードはアップします。

 

 

 

A 皮脂の分泌を抑えるニキビ薬

 

これも病院で処方されるニキビ薬です。

 

ホルモンバランスの乱れにより過剰に皮脂が分泌されていることが、ニキビの原因となっている場合に処方されます。

 

主に塗り薬として処方されます。

 

中には低用量ピルを処方してくれる病院もあるようです。

 

自分で手に入れるためには自己責任の個人輸入に頼る他なさそうです。

 

 

 

B 市販の即効性のあるニキビ薬とは

 

病院に行かなくても手に入れることができる、ニキビ薬の中で効果があるのはやはり抗菌作用があるものです。

 

パッケージを見ると抗菌剤が入っているかどうかが書かれていますので念入りにチェックしてみてください。

 

分からなければドラッグストアや薬局で薬剤師さんに相談してみましょう。

 

 

 

C 洗浄と殺菌で治す

 

市販のニキビ薬の中には殺菌作用のある洗顔料や化粧水、クリームなどがセットになっているものがあります。

 

これをニキビを治療するとともに予防する効果があります。

 

即効性としては低くなりますが、持続的に使うことで、ニキビを予防することができますので、結果的にはニキビを撃退することができるのです。

 

病院や市販の抗菌剤入りの治療薬よりも効果が出るまでに時間がかかるのが難点です。