もう黒ずみお尻は嫌!気になるニキビ跡の色素沈着を消す方法とは?

お尻の色素沈着なんて他人ごとって思っていませんか?

 

実は気づいないだけでかなり多くの人のお尻の色素は沈着しています。

 

黒っぽくなっている人もいれば薄い茶色い人まで…。

 

そんないやー色素沈着の主な原因はニキビの痕です。

 

ニキビをしっかりと治療しなかったばかりにお尻に悲しい傷跡をのこしてしまったのです。

 

かといって悲観することはありません。

 

お尻の色素沈着を治療消す方法はあります。

 

ここでは色々なお尻の色素沈着を消す方法をご紹介しますね!

 

 

 

@ 手軽で簡単。美白化粧品でお尻を美白!

 

いまや顔の美白は当たり前。

 

ほとんどの人が一つは美白化粧品を持っているのでは?

 

だったらそれをお尻にも使ってみればよいのです。

 

顔のデリケートな皮膚に使っても大丈夫なのだからお尻もオッケー。

 

ただし、お尻は蒸れやすく汚れがたまりやすいので、日中に美白化粧品をつけていると思わぬ炎症の原因になりかねません。

 

できれば、毎日お風呂で清潔にした後に、美白化粧品を塗って、低刺激の下着を身につけるようにしましょう。

 

即効性はありませんが、徐々に白くなっていきます。

 

それでも治らないよ、という人は次の方法に移りましょう。

 

 

 

A 自宅でピーリング

 

これも自宅でできる方法です。

 

その上、即効性があるので、時間がないという人や美白が効かなかったという人におすすめ。

 

ピーリングとは専用の薬液によって古くなった角質を剥がし新しい皮膚の再生を促すことです。

 

お尻の黒ずんだ色素沈着した皮膚をピーリングすることにより一皮むけた赤ちゃんのような皮膚になる、と言う訳です。

 

自宅用のピーリング剤は初心者でも使いやすいよう低刺激になっていますので、肌荒れなどの心配はそれほどありません。

 

ピーリング剤を使った後は乾燥しやすくなっていますので、保湿を心がけるようにしておけば問題なし。

 

ただし保湿剤は低刺激のものを使うようにしましょう。

 

 

 

B 病院でピーリング

 

自宅でのピーリングに抵抗がある人、お尻に薬を塗るのは不器用だから無理、という人は病院でやってもらうとよいでしょう。

 

皮膚科のピーリング剤は自宅用やエステ用よりも強力ですので、即効性はピカイチです。

 

皮膚科医の指導のもとおこなわれ、アクシデントにも素早く対応できますので、肌荒れの心配もありません。

 

豊富な経験と知識を併せ持った色素沈着の程度に合わせて薬剤を選んでくれるので、自分のお尻に最適な治療を行うことができます。

 

ただし、健康保険がきかないので治療費が高額になりがちなのが玉に傷です。

お尻のニキビ跡に美白ケアをする方法とは?

お尻ニキビはおしりを汚く見せてしまう、女性にとっては本当に嫌な存在です。

 

水着を着ようにも、お尻が気になってしまうこともありますよね。

 

特に注意して欲しいのが、お尻ニキビが色素沈着してしまった場合です。

 

赤くなってしまったり、黒ずんでしまうこともありますよね。

 

そんな時は、美白ケアをすれば改善するのでしょうか。詳しく解説します。

 

 

■美白コスメを利用すれば色素沈着ニキビが改善することもある!

 

・顔用の美白コスメを利用しよう

 

顔用の美白コスメでもしっかりとした対応ができます。

 

そもそも、シミと色素沈着ニキビ跡は、ほとんど原因が一緒なのです。

 

シミもメラニン色素によって引き起こされてしまいますが、色素沈着ニキビに関してもメラニン色素が関わっています。

 

ですから、美白ケアコスメで、メラニン対策をしっかりと行えば、十分に対処できる可能性はあります。

 

 

・美白ケアコスメの有効的な利用法

 

おしりの色素沈着が起こっている部位だけに使ってください。

 

全体的に使ってしまうと、全体的に白くなってしまい、ニキビ跡の色が残ってしまった場合には、かえって目立ってしまうことも十分に考えられます。

 

お尻なので見えにくいこともあると思いますが、鏡などを活用してしっかりと確認してから美白ケアコスメを塗ってくださいね、

 

 

■美白ケアコスメ以外の対策方法もある!

 

・新陳代謝を活性化せるのが大事

 

色素沈着型の症状は、新陳代謝が悪化していることで起こることも少なくありません。

 

新しいお肌の生成が阻害されていると、古いお肌がずっと残って、なかなかシミなども消えないわけです。

 

色素沈着が起こってしまったニキビに関しても、消えずに残り続けてしまうのです。

 

 

・新陳代謝を高めるためにはどうしたらいいのか?

 

血行を高めることが大切になります。

 

運動するのも大切なことですし、食事対策も大切です。

 

食事に関しては、野菜やフルーツなどを積極的に食べてください。

 

お肌の生成にもビタミンやミネラルが大きく関わっているのです。

 

偏食気味である方は、美白ケアの一環としてサプリメントの摂取をおすすめします。

 

マルチミネラルやマルチビタミン、といったものを利用すると、効率的にビタミンやミネラルを補給できますよ。

 

マッサージも行うべきです。

 

お尻に血行障害が起こってしまうと栄養が補給されないので、新しいお肌の生成がされにくくなってしまうのです。

 

結果として、色素沈着状態が長期化してしまうかもしれません。

気になるお尻のニキビ跡を残さず消す方法|自慢できるお尻へ!

ニキビは顔にできることが多いものですが、実は顔以外の部位にも頻繁にできてしまうことがあります。

 

ニキビができてしまっても、部位によっては治療や対処がしやすいのですが、簡単には対処することができないニキビもあるため、注意しなければなりません。

 

対処しにくいニキビの1つとしては、お尻ニキビが挙げられます。

 

お尻ニキビに対処するのが難しい理由はいくつか考えられるのですが、自分で簡単には見ることができない部位であることや、触れないようにするのが不可能に近いことが大きいです。

 

お尻ニキビができてしまったことに気づいたら、できるだけ早く治すようにする必要があります。

 

早めに対処するように心がけていないと、なかなかニキビ跡を消すことができなくなってしまいます。

 

顔のニキビと同じように、お尻ニキビの場合も潰さないようにすることが極めて重要です。

 

ただし、お尻ニキビの場合は座るたびに下着と接触してしまうため、潰さないようにするのは困難だといえます。

 

だからこそ、早い段階でお尻ニキビに気づいてケアをしなければならないのです。

 

お尻ニキビを治す際は、医療機関を受診して本格的な治療を受けることもできますが、自分で手軽にできる方法もあります。

 

それは、市販されているニキビ対策の塗り薬を使用する方法です。

 

塗り薬を使用するときに気をつけなければならない点は、全ての塗り薬が使えるとは限らない点です。

 

人によって体質は異なっているため、しっかりと成分などを比較しなければなりません。

 

もちろん、塗り薬などで全てのお尻ニキビのケアをすることができるとは限りません。

 

塗り薬などが有効なのは、あまりお尻ニキビが目立っていない段階なのです。

 

お尻ニキビがかなり気になるようになってしまった段階では、塗り薬だけで対処するのは難しいということに注意する必要があります。

 

ある程度の段階になってしまったお尻ニキビに対処する際に、ニキビ跡を残さないようにするには、皮膚科などで専門的な治療を受けることが望ましいです。

 

自分でお尻ニキビのケアをすることに慣れていない人は、本格的な治療を受けるかどうかは別として、皮膚科で見てもらうことが大切です。

 

自分ではお尻ニキビだと思っていても、実は違う肌トラブルだったということもあるので、皮膚科を受診することには意味があります。

 

お尻ニキビは、お尻の衛生状態が悪くなっているとできやすいです。

 

したがって、お尻ニキビのケアを進めていく際は、できるだけ衛生状態を改善させることを考えていくようにします。

 

といっても、お尻の場合は手足や顔のように頻繁に洗うことができないため、毎日の入浴時にどのように洗うかが重要なのです。

 

衛生状態が気になっていると、どうしても入浴時に強く洗ってしまいますが、あまりゴシゴシと洗ってしまうと強い刺激を与えることになり、皮脂が分泌されやすくなってしまうなどのトラブルにつながります。

 

優しく丁寧に洗い流すことが、お尻ニキビのケアを進める上では不可欠だといえるのです。

 

また、お尻が乾燥していると痒みが出てくることが多くなります。

 

お尻ニキビでの悩みといえば、座ったときの痛みを思い浮かべる人が目立ちますが、必ずしも痛みが強くなるとは限らず、痒みが強くなってしまう人もいるのです。

 

痒みが出てきたときに掻いてしまうと、お尻ニキビを潰してしまう可能性があり、ニキビ跡も残りやすくなります。

 

できるだけお尻の部分を乾燥させないようにして、痒みが出てくるのを防がなければなりません。

 

痒くなってしまったとしても、なるべく掻かないようにして、痒みを抑える塗り薬を使用することも有効だといえます。

 

お尻ニキビの痒みは、すぐに治まるものではありません。

 

どうしても気になってしまう場合は、早めに皮膚科を受診するようにします。

 

お尻ニキビは、対処の仕方を間違えてしまうと跡が残りやすいのが特徴です。

 

しかし、正しい方法で対処するようにしていれば、ほとんど跡を残さずに治すことも可能なのです。

 

どうすれば跡が残らないのかは分かりにくい気もしますが、それほど難しく考える必要はありません。

 

ニキビ以外の傷を治療するときと同じで、初期の段階で徹底的にケアをすることがポイントなのです。

 

皮膚科でお尻を見せることに抵抗感を抱いてしまう人は多いですが、勇気を出して皮膚科を受診することが大切です。

 

医療機関で診察を受ければ、ニキビ跡を残さないような治療方法を用いることができます。

 

ニキビ跡ができてしまったときは、良質な成分が配合された美白化粧品を使ったり、ピーリングなどの処置を受けたりすることが望ましいです。

 

お尻ニキビのケアに有効だとされているのは、ビタミンが含まれる塗り薬や抗菌剤などです。

 

お尻ニキビが気になっていると、たくさん塗り薬を使用してしまうことがありますが、たくさん塗ればよいというものではありません。

 

適量を塗るように心がけることで、適切なケアができるのです。