お尻のぶつぶつ、ざらざらができる原因を徹底解説!

お尻を触ったらぶつぶつ、ざらざら。

 

はっきり言って深いですよね。

 

赤ちゃんみたいなツルすべお尻が良いに決まっています。

 

昔はみんなツルすべお尻だったのに気付いた時にはぶつぶつ、ざらざら。

 

どうしてでしょうか?

 

ここではいやーなお尻のぶつぶつ、ざらざらの原因を徹底解説します!

 

 

 

1、 お尻のぶつぶつざらざらはどうしてできる?

 

原因は大きく分けて3つです。ここでは原因ごとに説明していきますね。

 

 

 

@ 垢や皮脂が詰まる粉瘤!

 

ニキビと思っていたら実は違うできものだったっていうことやよくあります。

 

その代表格が粉瘤です。

 

粉瘤とは、垢や皮脂が何らかの原因により毛穴の中に詰まってしまい炎症を起こしてしまう病気。

 

見た目はニキビに似ていますが、見分け方はできる場所が固定化されていることです。

 

毎回同じ場所に痛くてかたいできものができるな、という場合はニキビではなく粉瘤ですので要注意。

 

放置しておいたら勝手に消えていきますが、完治することはほぼありません。

 

一度皮膚科根こそぎ治療してもらわなければ何度も繰り返すことになります。

 

粉瘤がある人は、炎症化していない通常時でもぶつぶつしている傾向にあります。

 

 

 

A 皮脂の過剰分泌によるニキビ

 

お尻の皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まりアクネ菌の繁殖しやすくなります。

 

お尻の皮膚は常に圧迫されているため堅くなりやすく、毛穴が詰まりやすいのです。

 

お尻のニキビを治療する一番の近道は皮膚科の受診です。

 

医師が適切な治療薬を処方してくれますので、費用もそれほどかからずに治療ができます。

 

時間がないよ、という人は薬局で治療薬を購入してもオッケーです。

 

しかしニキビが治ったのに痕が消えないという人は皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

 

B 石鹸やボディソープ、洗剤、柔軟剤などの刺激

 

お尻の皮膚はとってもデリケートなので、お肌に合わないボディソープを使っていると湿疹の原因となってしまいます。

 

また、ボディソープやせっけんをしっかり洗い流さないことで、皮膚に刺激を与え炎症を起こすことも。

 

さらに、下着に残留している洗剤や柔軟剤が湿疹の原因となることもあります。

 

ニキビでも粉瘤でもないのにお尻のできものが治らない、という人は洗剤やボディソープを見直してみましょう。

 

石鹸やボディソープ、洗剤などが刺激になってしまうと言う人は大変お肌が繊細なタイプです。

 

化学繊維の下着も刺激になってしまいますので、綿や絹製品を使うとよいでしょう。

お尻のぶつぶつ・ざらざらにはピーリングが効果絶大

お尻のぶつぶつ、ざらざらって地味に気になりますよね。

 

かといって、自己流で治そうと思ったら時間がかかります。

 

そこで、人気なのがピーリング。

 

治療完了までに時間もかからず、仕上がりもキレイだけあって人気急上昇中です。

 

ここでは、人気のお尻ピーリングについてご紹介します。

 

 

 

・そもそもお尻のぶつぶつざらざらの原因って?

 

お尻の皮膚がぶつぶつざらざらする原因はニキビは粉瘤といったデキモノもしくはその痕、かぶれ、そして下着との摩擦によるものがほとんどです。

 

現役のニキビや粉瘤がある場合はそれを治療すれば治る可能性がありますが、その他が原因のぶつぶつざらざらは簡単には治療できません。

 

 

 

・お尻のぶつぶつざらざら治療のピーリングってどこでできるの?

 

ピーリングは、自宅でできる薬剤が販売されていますので、自分で行うことができます。

 

自分でするのがちょっと不安と言う人は皮膚科や美容皮膚科、美容形成外科で治療を受けることができます。

 

エステでもできますが、病院のピーリングよりも威力が弱いケースがあります。

 

病院のピーリングが一番効果が高く、エステ、自宅で行うものは効果はやさしめですので、初心者さんでも問題なく使うことができます。

 

 

 

・ピーリングってどうやってやるの?

 

基本的には、自宅でも病院でも、専用の薬剤を患部に塗ってふき取り、保湿をして完了です。

 

専門の機材などは必要ありません。

 

薬剤と塗るはけ、タオルなどがあればオッケーです。

 

ピーリング剤にも強さがあるので、徐々に強いピーリング剤に変えていくとお肌への刺激が抑えられ痛みも感じにくくなります。

 

ピーリング後はお肌が乾燥しやすい状態になっていますので、しばらくは低刺激の化粧水で念入りに保湿するようにしましょう。

 

 

 

・ピーリングの原理とは?

 

そもそもなんでピーリング剤を塗ることでザラザラぶつぶつが取ることができるのでしょうか。

 

ピーリング剤にはグリコール酸や乳酸といった薬が配合されており、お肌に塗ることで角質をはがすことができます。

 

そうすると、ざらざらぶつぶつお尻の皮膚がはがれ、新しいもちもちの肌が再生されるのです。

 

要するに、化学的に角質を剥がして新しい皮膚を作るよう促すのです。

 

ピーリングはお尻のみならずもっと繊細な顔にも使われている手法ですので、安心して使用することができます。

 

もし初めてのピーリングで不安というのであれば、効果がマイルドな石鹸やジェルからスタートしてもよいでしょう。