市販のニキビ薬はおしりに使っても平気なの?

ニキビに対処するためには、ニキビ治療薬をもちることになります。

 

ニキビ痕ができないようにするためにも非常に大事なことです。

 

ただ、ニキビ治療薬は基本的に顔に使うのを想定して作られたものです。

 

ニキビは顔だけでなく、おしりにもできます。

 

実際に市販のニキビ治療薬はおしりに利用しても良いのでしょうか。

 

 

■おしりに使っても特に問題はない

 

・肌の弱い顔にも使える仕様になっている

 

顔の肌よりも、おしりの肌の方が弱いのであれば利用は出来ないかもしれません。

 

しかし、おしりの肌と顔の肌では、顔のほうが刺激に弱いといった特徴を持っているのです。

 

ですから、市販のニキビ薬をおしりに使う、といったことに関しては一切問題ありません。

 

 

■副作用の心配について

 

市販のニキビ薬もそれなりの有効成分を使っているので、副作用がないわけではありません。

 

顔に利用した場合と同じようなリスクが実際におしりにもあります。

 

市販のニキビ薬を利用するのであれば、副作用についても詳しく把握しておくべきです。

 

そして、副作用が出た場合には、即刻利用をストップしてください。

 

さらにその副作用が強く出てしまった場合には、医療機関に行かなければなりませんよ。

 

 

【市販のニキビ薬の副作用例】
・かゆみ
・ツッパリ感
・赤み
・刺激感
・かぶれなど

 

 

基本的に、お肌に関する副作用となります。

 

生命に関わるような重篤な副作用が出るといったことは、市販されているニキビ薬であり、しかも外用薬であることを考えると可能性は極めて低いです。

 

安心して利用してください。

 

 

■処方薬と市販薬の違いについて

 

おしりニキビがあまりにひどい場合には、市販されているニキビ薬ではなく、処方薬を利用したいと思うかもしれません。

 

では、市販薬と処方薬はいったいどのような違いがあるのでしょうか。

 

・抗生物質の有無

 

処方薬には抗生物質が含まれており、市販薬には抗生物質が含まれていません。

 

効果については、圧倒的に処方薬のほうが高いです。

 

抗生物質とは微生物によって製造されるのです。

 

その微生物が。

 

アクネ菌の増殖そのものを抑えてくれます。

 

炎症が起きている時に絶大な効果を発揮します。

 

しかし、処方薬にはデメリットもあります。

 

市販薬のような安全性がないのです。

 

医療機関から出されているのは確かですが、薬には必ず副作用があります。

 

市販薬に比べでその発生確率が高く、しかもきついものが出てきてしまうかもしれません。

 

症状が軽いのであれば、なるべく市販薬で対処しましょう。