おしりニキビの原因とは〜皮脂と肌への刺激について〜

おしりニキビで悩んでいる女性は実際に少なくありません。

 

おしりの美しさにもかかわるテーマなので、対策を立てる必要があります。

 

おしりニキビの対策ですが、まずは原因を探ることです。

 

なぜおしりニキビができるか分かっていなければ、対策を立てることもできません。

 

こちらでは、おしりニキビの原因を“皮脂”と“刺激”から探ってみることになります。

 

どちらも非常に重要なテーマになるので注目ですよ。

 

 

■おしりニキビの原因〜皮脂の大量分泌について〜

 

・おしりからも皮脂は発生する

 

皮脂が出やすい部位としては、顔や背中、デコルテなどのイメージが強いと思います。

 

しかし、おしりにも皮脂は発生します。

 

あまり印象はないかもしれませんが、おしりも皮脂の分泌が活発な部位なのです。

 

おしりから皮脂が大量に発生すると、それを餌にするアクネ菌が発生してしまいます。

 

その結果、おしりにもニキビが発生してしまうわけです。

 

そのままの状態にしてしまうのはかなり危険なので注意しましょう。

 

・おしりの皮脂にお対処する方法

 

皮脂が出てしまうのは仕方のないことです。

 

しかし、その量をセーブすえることは可能です。食生活などに気を使ってください。

 

脂っこいものばかり食べていると、皮脂腺が活発化してしまうのです。

 

甘いものや肉料理の量をセーブすると皮脂の発生を抑えられるので参考にしてくださいね。

 

ちなみに、年齢が高くなると皮脂腺の動きが弱くなる可能性もあります。

 

おしりニキビも若い時だけの悩みになりがちです。

 

 

■おしりニキビの原因の一つ〜皮膚への刺激について〜

 

・体重を支えているのがおしりである

 

座るとおしりに体のほとんどの体重が加わります。

 

お肌がずっと刺激を受けている状態になってしまうのです。

 

実は、その状況がおしりニキビにあまり良くありません。

 

お肌が体重によって圧迫され続けてしまうと、皮膚が角質化してしまういのです。

 

結果的に角質が毛穴をふさいでしまうことになります。

 

そしてそれがアクネ菌の温床となってしまうのです。

 

前述したように、おしりは皮脂が分泌されやすいのです。

 

角質はその皮脂をその場にとどめやすいといった特徴を持っています。

 

・角質に対処する方法

 

座る機会を減らすといったことがおすすめです。

 

また、座るときは柔らかい座布団を利用するのもおすすめです。

 

角質の発生を抑えてくれるからです。

 

定期的に角質に対処できるような石鹸を用いて洗うのもおすすめです。

 

おしりの皮膚が固くならないように対処するわけです。