同じじゃないの!?ニキビと粉瘤、おできの違い

ニキビと粉瘤、さらにおできといったものの区別が付くでしょうか。

 

つきにくいですよね。しかし、それぞれによって対策方法も全く異なってくるのです。

 

だからこそ、まずはニキビと粉瘤、そしておできの違いをしっかりと把握することから始めてみませんか。

 

 

■ニキビについて

 

・アクネ菌が発生してお肌に炎症を起こしてしまう

 

にきびは皮脂が原因となって発生します。皮脂を餌にする菌の一種であるアクネ菌が大量繁殖してしまうのです。

 

ニキビについては主に顔のTゾーンやアゴといった場所にできやすいです。

 

さらに背中やお尻といった部位にも発生したり、頭皮に発生することもあります。

 

それらの部位に共通しているのが、皮脂の分泌が活発な部位である、ということです。

 

・跡が残ることも

 

デコボコとしたニキビ跡が長期間に残ってしまったり、色素沈着してしまうケースも有ります。

 

ニキビができなくなってからも、長期間に渡って悩み続けている方も少なくありません。

 

 

■粉瘤について〜ニキビとの違い〜

 

・粉瘤は垢や老廃物が問題である

 

ニキビは皮脂が問題になりますが、粉瘤は垢や老廃物なので、原因物質といったものにお起きが違いがあります。

 

粉瘤袋といったところがあるのですが、そちらにその赤や老廃物がたまってしまうのです。

 

実は、この粉瘤はニキビとの区別が非常につきにくいことでも有名です。

 

特に出来たばかりの時は区別がつきにくく、ニキビと思ってケアをしてしまう方もいます。

 

・粉瘤の色について

 

通常は特に色に大きな変化はありません。

 

しかし、炎症を併発すると赤くなることもあるので、さらにニキビとの区別が難しいのです。

 

 

■おできについて〜ニキビとの違い〜

 

・最近が問題になって炎症をおこしている

 

要は、毛包周辺が細菌感染をおこしてしまうのです。

 

そして炎症を起こしてしまっているのが、おできとなります。

 

粉瘤との区別もつきにくいわけですが、悪化した場合に大きな違いが出てきます。

 

最初は赤くなり少し痛む程度になります。

 

この場合はニキビとも粉瘤とも区別がつきにくいです。

 

そこでさらに悪化すると、かなり広範囲に広がってしまいます。

 

ぶよぶよした状態になったり、熱を持ってしまったりもします。

 

この時点だと治るまでにはかなりの時間がかかることもあるので、病院へ行って対処してもらいましょう。

 

 

・おできができやすい人とは?

 

オイリー肌の方になります。

 

この点はニキビ肌の方と一緒なので、余計わかりにくくなっているのです。

 

一つの判断基準は大きさです。

 

ニキビはそれほど大きくはなりません。

 

炎症が一定以上の大きさになった場合には、おできと判断して治療を受けましょう。