おしりニキビ対策|下着の種類も気を付けた方が良い?

おしりニキビ対策法は数多くあり、そのうちどれが本当の効くのかが分からなくなってしまうことも少なくありません。

 

そんなニキビ対策法の中で注目して欲しいのが、下着関連です。

 

パンツの種類によっておしりニキビができやすくなったり、できにくくなったりすることがある、とされているのですがそれは事実なのでしょうか。

 

詳しく解説します。

 

 

■おしりニキビには下着が関わっているのは事実!

 

・締め付けがきついタイプの下着は厳禁

 

締め付けがきついタイプの下着になりますが、血行を阻害してしまっていることがあります。

 

血行は阻害されてしまうと、ニキビができやすくなる事実があります。

 

ニキビはお肌の健康に大きく関わっています。

 

血行が良い状態であれば、お肌は健康的な状態が維持されます。

 

しかし、血行いが悪くなると、お肌の新陳代謝がうまく行われなくなります。

 

角質が肌の上に残りやすくなり、お肌が劣化します。

 

潤いもなくなり、結果的に毛穴に角質がたまり、それがニキビへと発展してしまうのです。

 

ユルユルにしなければいけない、といっているのではなりません。

 

適切な締め付けの下着の利用をおすすめします。

 

・摩擦の強い下着は避けるべき

 

摩擦の強い下着、といった言い方は少しわかりづらいかもしれません。

 

要は、お肌に優しい、摩擦の起こりにくい素材の下着を利用すべき、と言っているのです。

 

例えばツルツルした素材の下着もあると思います。

 

例えば、サテン系の生地になりますが、男性的には魅力に感じることが多いので利用している女性も多いのですが、おしりの肌が普段から摩擦にさらされるのでおすすめではありません。

 

例えば、綿やシルクといった素材の下着がお勧めです。

 

お肌との摩擦が起きにくく、ニキビができにくいのです。

 

なぜ摩擦が行けないのか、と思うでしょう。

 

実は摩擦が起こるごとに角質が分厚くなってしまうのです。

 

手にできるマネをイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

それが皮脂の多い部位で起こってしまうのはかなり大きな問題なのです。

 

角質が毛穴を塞いでしまい、皮脂を肌に貯めこんでしまいやすくなります。

 

皮脂はニキビの発生原因であるアクネ菌の餌になってしまうのです。

 

その結果、おしりにニキビが出来てしまうわけです。

 

 

■結論!

 

・比較的、緩めの下着を着用すること
・摩擦が強いツルツルとした下着の着用は控えること

 

以上の2つのテーマを忘れないで下さいね。

 

どちらも非常に大切なモノになるので、おしりのケアのためにも実践しましょう。