おしりは痒くても掻いちゃダメって本当?〜おしりニキビの内実〜

ちょっとした事でおしりニキビが出来てしまいます。

 

ちょっとした癖でもなりますし、普段の生活にも大きく関わってくるのです。

 

そこで注目して欲しいのが、おしりが痒かった時に書いてしまうことです。

 

実はこれでもおしりにきびができやすいんです。

 

では、なぜおしりニキビはおしりをかいただけで、できやすくなってしまうのでしょうか。詳しく解説します。

 

おしりニキビができやすく、普段から悩んでいる方には必見のテーマとなります。

 

 

■お肌の刺激自体がニキビに悪い結果をもたらす

 

・かくとお肌の組織が壊れてしまう

 

おしりの肌は丈夫な印象も多いのですが、非常にデリケートな部位でもあります。

 

かえって他の部位よりも肌は弱いかもしれません。

 

だからこそ、慎重に取り扱わなければおしりニキビを発生させてしまうかもしれません。

 

肌を書くといった行為はお肌を傷つける行為にほかなりません。

 

かいた後は、お肌が赤くなったりしていませんか?かいて刺激を与えてしまったことで、お肌に炎症が起こってしまったのです。

 

お肌の組織が傷つけられてしまっているので、非常にまずい状態です。

 

定期的にかいていると、その部分が日常的に炎症を起こしている状態になります。

 

さらにそこにニキビが出来てしまうと、ニキビ自体が悪化してしまいます。赤みも取れずにずっと残り続けてしまうかもしれないのです。

 

色素沈着のリスクが非常に高いので、充分に注意しなければなりません。

 

・角質層が出来てしまうことも

 

お肌は定期的に入れ替わることで健康を維持しています。

 

いつまでも同じ肌だと、くすんでしまったりシミやソバカスがそのまま残り続けることになります。

 

それはおしりも同じことです。

 

お肌の表面が角質層になってしまうと、年齢もかなり高く見られてしまうのです。

 

定期的におしりをかくことで、おしりは普段から刺激を受けることになります。

 

そうなると、お肌が分厚くなってしまうこともあるのです。

 

角質がたまってしまい、結果的に皮脂が蒸発しにくくなってしまいます。

 

お肌に皮脂があり続けるとそれを餌に様々な金が繁殖します。

 

ニキビの原因菌であるアクネ菌もその一つです。

 

おしりをかくことには大きなリスクが伴うので充分に気をつけてください。

 

 

■おしりの痒みを取る方法

 

・予防法がある!

 

お肌は乾燥すると痒くなるので、定期的に保湿ケアを悉地してください。

 

たったそれだけでも、ずいぶんと痒みのケアはできるものです。

 

また、逆に湿気がおしりに溜まって、痒みを発生させることもあります。

 

通気性の良い下着を着用する、といった対策もお勧めですよ。