血流を良くしてターンオーバーを促そう!

お肌には、ターンオーバーという生まれ変わり周期があります。

 

この周期は大体28日周期で行われ、皮膚の表皮にある基底層、有棘層、顆粒層、角質層が自然と剥がれ落ちていきます。

 

この全ての層が押し出されて剥がれ落ちるまでが「ターンオーバー」と言われます。

 

様々なスキンケア商品が販売されている近年では、このターンオーバーという言葉をよく耳にするようになりました。

 

お顔のスキンケア用品の宣伝用語として「ターンオーバーを促し〜」などと使われていることが多いことから、お顔にしか発生しないものだと勘違いしている方もいるかもしれません。

 

しかし、このターンオーバーは全身で行われるサイクルなのです。

 

ターンオーバーの周期は身体の部位によって多少異なります。

 

通常は28日周期で行われるものですが、手や足の先はどうしても血流が行き届かない部位でもありますので、ターンオーバーが少し遅くなります。
そのため、ターンオーバーは28〜56日周期で行われているという文献もあります。

 

お尻は通常よりも皮膚が厚い部位ではありますが、身体の中心となる部位ですので、健康的な日常生活を送ってさえいればターンオーバーが乱れてしまうことはありません。

 

しかし、締めつけのキツイ服を好んで着用している人や、お仕事の関係で長時間椅子に座っている人などの場合は、圧迫によって血流が滞り、お尻の角質が固くなってターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

 

ターンオーバーの周期を正し、古い角質を無くす為には日頃からお尻に圧迫を与えないように心がけましょう。

 

締めつけのキツイ服を好む方はゆとりのある服を着用するようにし、長時間椅子に座らなければいけないお仕事をしている方は、柔らかいクッションを敷くなどしてお尻への圧迫を軽減するようにしてください。

 

お尻の血流を良くするには、ウォーキングなどの軽い運動をすることがオススメです。

 

締めつけのキツイ服や、座りっぱなしのお仕事で血流が悪いかもしれないと感じる方は、日常生活にウォーキングを取り入れてみてください。

 

また、心のストレスもターンオーバー周期が乱れる原因となります。

 

これはお尻のターンオーバーに限ったことではなく、全身のターンオーバーに関係することなので、なるべくストレスを溜めないようにすることが大事です。
もしもストレスが溜まりやすい環境にいる場合は、ストレス発散を小まめに行うようにしてください。

 

血流を良くする為にウォーキングをオススメしましたが、適度な運動はストレス発散にもピッタリです。

 

ターンオーバー周期を正し、にきびの無い綺麗なお尻になる為に積極的に行うようにしましょう。