ムレやすいお尻のケアは下着を変えるのがおすすめ

お尻ニキビは多くの人が経験があるのではないでしょうか。

 

顔のニキビは薬を塗ったり触らないようにしたりと対策を考えることはできますが、お尻の場合は動作の一つ一つによりダメージを受けてしまうことがあるので難しいのです。

 

そういった時にできる対策は、下着を変えることです。

 

お尻ニキビの原因である毛穴や皮脂の詰まりは、服の中で起きているムレが大きく関わっています。

 

つまりや汚れだけであれば毎日のお風呂などでも十分にきれいにすることができるのですが、そこにムレが加わるとニキビが発生する元になってしまうのです。

 

通気性の悪い下着を着けていることで、汗や皮脂の逃げ場がなくなり、詰まった毛穴に細菌が入りニキビになります。

 

下着というのはただ履いているだけではなく、こうした部分でも大きな役割を果たしているのですが、通気性の悪い下着を着用していると、夏などにはかぶれやかゆみを引き起こしてしまう人もいます。

 

こうなるとお尻は肌荒れを起こし、さらにどんどん治らないまま悪化していく可能性も高いです。

 

お尻のケアの中で大事なことは、保湿と通気性を整えることです。

 

余計な皮脂が分泌されないように保湿は欠かせませんが、ムレを起こさないように通気性も良くしてあげましょう。

 

このときに重要なのが下着の選び方です。

 

分厚い下着や通気性の悪い素材では、お尻の肌荒れは改善されません。

 

通気性の良い素材や速乾素材であればお尻の湿気を外に逃がし、ムレを防いで下着と肌の摩擦による肌荒れを防ぐことができ、新たなニキビの発生なども予防できます。

 

下着によるお尻のムレは、赤ちゃんがおむつをはいているときにムレるのと同じようなことです。

 

大人になり肌が丈夫になったとはいえ、お尻がデリケートであることは大人になっても変わりません。

 

もし環境などでどうしてもムレてしまうような場合は、通気性の良い下着への買い替えと合わせて、べビーパウダーを併用したりするなどの対策を考えましょう。

 

また、生理中もお尻のかぶれなどが発生しますが、薬やパウダーを使ったり清潔さを保つことで改善されることがあります。

 

通気性の良い生理用品もあるので、そうしたものに変えてみるようにしましょう。

 

お尻のお肌の健康状態を保つのは難しいことですが、他の部分と変わりなくデリケートな部分だと意識して工夫することで、きれいなお尻をつくることができます。