お尻ニキビの跡が消えない原因を探ってみた

お尻ニキビは、発生してしまうとその後がなかなか消えないことが多いです。

 

なぜそんな状況になってしまうのでしょうか。詳しく調べてみました。

 

実際に、お尻にニキビ跡ができてしまっている方は必見ですよ。

 

 

■繰り返しニキビが起こってしまっているから

 

・ニキビが長期化してしまっているケースが多い

 

お尻のニキビは他の部位に比べて、圧倒的に皮膚が厚いです。

 

ニキビが出来ると、皮膚の中に前に出来たニキビの膿などが残ってしまうことがあるのです。

 

その結果、その膿を原因として、再び同じ部位にニキビが出来てしまいます。

 

そんなことを繰り返してしまうのです。

 

実際に、お尻ニキビはなかなか治りません。

 

ずっとお尻にできている方もいるわけです。

 

仮にニキビが出来たとしても、長期化しなければ跡も残らず綺麗に消えていきます。

 

しかし、同じ部位に繰り返しニキビが、出来ては治って、出来ては治って、といったことを繰り返してしまうと、同然お肌は損傷を繰り返してしまいます。

 

肌が赤みがかっている状態も長くなってしまいます。

 

その結果、メラニン色素が活発化してしまい、お肌に色がついてしまう「色素沈着」といった状態になってしまうこともあるのです。

 

 

■お尻ニキビのできた跡はどのように対処すればよいのだろうか?

 

・色素沈着が起こってしまった場合の対処法

 

ビタミンC誘導体が含まれている美容的なクリームを利用しましょう。

 

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す作用があるのです。

 

その結果、お肌の新陳代謝も圧倒的に良くなります。

 

新しい皮膚が生成されることによって、色素沈着が起こってしまったお肌がドンドンと薄くなる、といった効果も期待できるんですよ。

 

美白ケアのクリームを利用するのもおすすめです。

 

顔に使うタイプの美白ケア化粧品をお尻に使っても構いません。

 

美白ケア化粧品には、メラニン色素の沈着に対処できます。

 

非常に高い機能性があるので、どうしても気になる場合には利用してください。

 

ちなみに、一時白斑の症状が出てしまう化粧品も出回っていました。

 

最近では、しっかりと考えられて作られているものが多いので、心配する必要はありませんよ。

 

 

・クレーターになってしまった場合の対処法

 

自己対策でクレーター状態になってしまったニキビ跡の対処は非常に難しいのです。

 

自然に完治することはない、とまで言われているんですよ。

 

基本的には、美容クリニックで治療を受けることになります。

 

炭酸ガスレーザーやピーリングがクレーターニキビ跡の治療法として有名です。