お尻にできやすいのは何ニキビ?ニキビの種類別ケア方法

ニキビには様々な種類がありますよね。

 

白ニキビや赤ニキビ、黒ニキビといったものがあるわけです。

 

ニキビの種類によって症状も大きく異なってくるものです。

 

こちらでは、お尻に出来やすいニキビの種類とその種類に有効な対策法をお教えします。

 

お尻ニキビで悩んでいる方は必見です。

 

 

■おしりには赤ニキビが発生しやすい!

 

・炎症を起こしたにきびができやすい原因とは

 

おしりは、皮脂の量は顔などに比べると少ないことは確かですが、その代わり皮脂が詰まりやすい、といった特徴があります。

 

刺激を受けやすい部位なので、角質が分厚い状態になりやすいのです。

 

その結果、毛ななに皮脂がたまってしまい、そのまま詰まってしまうわけです。

 

お肌の中でアクネ菌が繁殖しているような状態になり、気づいた時には赤く炎症を起こしている、といった状態になります。

 

そもそも、おしりは蒸れやすい部位でもあります。

 

湿気も多いので菌お繁殖には適した部位でもあるわけです。

 

清潔を維持するのも難しい部位ですよね。

 

では、おしりに出来る赤ニキビを抑えるためにはどういったことが必要になってくるのでしょうか。

 

 

■お尻ニキビの有効な対処法とは?

 

・おしりの刺激による負担を減らすこと

 

椅子に座る時間を減らす、といったことが重要です。

 

たとえば、電車やバスでは座らずに立っている、といったこともおすすめです。

 

なるべく立っている時間を長くすることで、お尻の皮膚にかかる負担もだいぶ少なくなり、角質が薄くなる、といった状況が得られるわけです。

 

 

・ストレス対策をするのもおすすめ

 

ストレスにはニキビに対して2つの悪い状況を作り出してしまうことが知られています。

 

まずは、皮脂の分泌量を増やしてしまう、といったことです。

 

皮脂の量が増えることでお尻ニキビも出てきてしまいます。

 

皮脂を餌にしている菌が繁殖することで、ニキビが発生してしまうのです。

 

もうひとつ注意して欲しいのが、免疫力の低下です。

 

ストレスが高まってしまうと、どうしても免疫力が落ちてきてしまいます。

 

お肌の免疫力もダウンしてしまうので、菌に少し刺激を受けただけで赤く炎症を起こしてしまうこともあります。

 

ストレスを溜め込まないようにすることもお尻ニキビ対策としては有効です。

 

ストレス対策として注目して欲しいのが、睡眠をしっかりととることです。

 

睡眠にはストレス解消のメリットがあります。

 

短時間睡眠に陥っている方は、ニキビができやすいので注意してください。