お尻のニキビもクレーターみたいにボコボコ跡になることはあるの?

お尻ニキビですが、クレーターのような状態になってしまうことがあるのか、といったことを心配している方もいます。

 

クレーター状態になってしまうのは、何としてでも避けたいところですよね。

 

自身のおしりに自信が持てなくなってしまいます。

 

しかも、クレーターニキビは治らない、ともいわれているほどです。

 

こちらではお尻ニキビとクレーターの関係性について解説します。

 

果たして、お尻ニキビにはクレーターになってしまうリスクが高いのでしょうか。

 

 

■お尻ニキビのクレーター状態になってしまう可能性あり

 

・繰り返しニキビができているとクレーター状態になってしまう可能性あり

 

1回や2回ニキビができている状態であれば問題ありませんが、何回も立て続けにおしりにニキビが出来てしまっていると、お肌の損傷も激しくなってしまいます。

 

さらにおしりは刺激の受けやすい部位です。

 

座っていると、おしりが強い刺激に刺さらされているのがよく分かりますよね。

 

ニキビも強い刺激を受けることになってしまい、クレーターになってしまいやすいのです。

 

お尻ニキビを発生させないのはもちろんですが、できてしまった時に適切な対処をする、といったことも極めて重要である、といったことはしっかりと把握しておくべきです。

 

 

■ニキビがクレーターになってしまうメカニズムを知ろう

 

・ニキビが繰り返しできている
・ニキビが摩擦などの刺激を受けている

 

上記のようなことが起きていると、ニキビがクレーター状態になる確率が高まってしまいます。

 

お尻はそれほど皮脂が多い部位ではないので、ニキビが繰り返し起きる、といった確率は少ないとされています。

 

しかし、摩擦が多い部位でもあるので、注意して対応しなければなりません。

 

ただ、気をつけていてもクレーターになってしまう例はあります。

 

さらにクレーターを治す方法についてお話します。

 

 

■出来てしまったクレーターはどのように対処すれば綺麗になるのか?

 

・セルフケアでは難しい

 

お肌の内部まで関わっていることなので、セルフケアでの対処は難しいです。

 

もちろん保湿などをすればお肌の機能は向上します。

 

だからといって、それがクレーターニキビを解消させるほどの効果を持っているわけではありません。

 

 

・美容外科対策がおすすめ

 

炭酸ガスレーザー
ピーリング

 

上記のような治療を何回か実施するとデコボコの状態が緩和してくることがあります。

 

専門的な治療を受ける必要があるので、まずは相談しに美容外科へ行くべきです。