ニキビ跡が茶色に…人気のシミ対策美白美容液とは?!

 

ニキビの赤みが引いてきたと思ったらなんだか茶色っぽくなってきてしまった…。
そんな経験はありませんか?実はそれ…シミです。ニキビ跡はメラニンが色素沈着しやすいため茶色っぽいシミになることがあります。
なぜニキビ跡はシミになりやすいのでしょうか?

 

 

 

1:刺激に弱いニキビ跡

 

ニキビはそもそも炎症です。アクネ菌という表皮常在菌が毛穴の中で活発に増殖することで発生する炎症がニキビです。
ニキビによる炎症が広がると、周囲の組織や細胞を壊してしまいます。炎症により細胞や組織が壊れると皮膚の機能が低下します。
そしてバリア機能も低下するため外部からの刺激に弱くなります。

 

2:お肌の大敵、紫外線

 

 

肌に対する刺激で最も注意しなければいけないのは紫外線です。
紫外線は夏季に多くなるイメージがありますが、実際は春でも冬でも地表に降り注いでいます。
紫外線はエネルギーであるため肌に当たると細胞にダメージを与えてしまいます。その際に細胞を守るために「メラニン色素」という色素が作られます。
メラニン色素は肌の細胞を紫外線や活性酸素の害から守る役割をする色素です。

 

紫外線などに当たると一時的にメラニン色素が作られ、その後肌がターンオーバーする過程で垢として排出されます。
しかし紫外線に当たりすぎて肌のターンオーバーで排出されるよりも多くメラニン色素が作られてしまったり、肌のターンオーバーが乱れて古い細胞がいつまでも残ってしまったりするとメラニン色素が排出されなくなってしまいます。
メラニン色素は褐色をしているため、皮膚に残ってしまうと茶色っぽいシミの原因となります。

 

シミ以外にも紫外線は肌に対して害を与えます。紫外線が真皮に到達すると「皮膚線維芽細胞」という細胞を傷つけます。
皮膚線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンなど肌のハリや保湿に関わる成分を合成する役割を持つ細胞です。
ニキビ跡はニキビによる炎症で真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸からなる構造が破壊され皮膚を支えきれないことで発生します。
しかし紫外線により皮膚繊維芽細胞がダメージを受け、その働きが弱まるといつまでもニキビ跡が治らないこともあります。

 

3:それでもシミができてしまったら

 

ニキビ跡は刺激に弱いため、UVケアをしっかりと行いシミができるのを予防するのが最も効率的な対策です。
それではシミができてしまった場合はどのようなケアをすればよいのでしょうか?そんなときは「シミ対策美容液」を利用するとよいでしょう。
シミ対策美容液はシミを目立たなくさせる成分が含まれた美容液です。シミを目立たなくさせる成分には以下のようなものがあります。

 

・トラネキサム酸
トラネキサム酸は厚生労働省が認可する「美白有効成分」の一つです。
美白有効成分は肌を白くするのに効果的であると証明されている成分のことを指します。研究から認可までは長い月日と費用が必要となり、信頼性が非常に高いことが特徴です。

 

トラネキサム酸はもともとじんましんや湿疹の治療のために使われてきた成分です。抗炎症作用があることが特徴で、ニキビ跡を鎮めるのにも効果があります。
またトラネキサム酸はシミの原因となる「メラニン色素」の生成を抑制する作用もあります。
紫外線を浴びるとメラノサイトという細胞がメラニン色素を作り出すように指令を出します。
しかしトラネキサム酸はこの指令を阻害して、メラニン色素が作られるのを防いでくれます。

 

・カモミラET

カモミラETはカモミールを原料とするエキスです。トラネキサム酸と同じく厚生労働省が認可する美白有効成分の一つです。
メラノサイトのメラニン色素を作り出す指令を阻害する作用があるためシミを抑制する作用があります。

 

またすでにできているシミに対してもメラニン色素を散らす働きがあるため、シミを薄くすることができます。
厚生労働省で認可されているのはカモミラETという素材ですが、そのほかカミツレエキスなどの表記がされることがあります。

 

4:美白有効成分だけではなくターンオーバーも重要

 

シミを改善する時に美白有効成分が含まれた美容液を利用することが確かに効果的です。
しかしそれと同じくらい肌のターンオーバーを活性化させることも重要です。
肌がターンオーバーすることでシミができている古い細胞が新しい細胞と入れ替わっていきます。
ターンオーバーが乱れてしまうと古い細胞がいつまでも残りシミが消えないこともあります。
ターンオーバーを活性化させるためにバランスの良い食生活や適度な運動、十分な睡眠時間などの生活習慣も大切にしましょう。

 

またターンオーバーを活性化させるためには皮膚の保湿が重要になります。
セラミドやヒアルロン酸、エクトイニンなどのお肌の保湿に関わる成分が含まれている美容液や化粧水を選ぶようにするとよいでしょう。

 

 

●まとめ●

 

お肌に残ってしまったメラニン色素(シミの原因)はなるべく早く綺麗にしたいですよね。
普段からの紫外線対策はもちろんですが、肌のターンオーバーを促し、美白効果のある美容液でしっかりとケアをしてあげましょう。