紫外線でニキビ跡・シミが悪化する!上手な対策方法を伝授!

 

太陽の光に含まれている紫外線は肌にとっては刺激です。
特にニキビで皮膚のバリア機能が低下しているときに紫外線に晒されるとシミや色素沈着の原因になることもあります。
肌に余計なシミを作らないためにも気を付けたいUV対策について解説します。

 

 

 

1:なぜ紫外線でシミが生じるのか?

 


シミは皮膚に「メラニン」という色素が沈着することで発生します。メラニン色素は皮膚を外部の刺激から守るために作られる色素です。
皮膚が健康な状態ならば生産されたメラニン色素はターンオーバーの過程で排出されます。
しかしターンオーバーが乱れていたり、ターンオーバーで排出できる量を超えてメラニン色素が生産されたりした場合は色素が沈着してシミになってしまいます。

 

メラニン色素が生産される最大の理由は太陽光です。太陽光には紫外線という光が含まれています。
紫外線は刺激であるため皮膚の細胞やDNAに対してダメージを与えます。そのダメージから肌を守る役割を果たすのがメラニン色素です。
紫外線には3種類あります。それぞれ光の波長の長さが異なり以下のような特徴を持っています。

 

UVA:

 

地表に届く割合が最も多い紫外線です。全紫外線のうちおよそ9割がUVAとなっています。
皮膚への刺激自体は少ないですが、地表へ照射される量が非常に多いためケアはとても重要です。
ケアを怠るとUBAが真皮にまで到達してコラーゲンやエラスチンといった保湿やハリに関わる成分を作り出す「皮膚線維芽細胞」にダメージを与えます。
またメラニン色素を褐色させる作用もあるためシミの原因となります。

 

UVB:

 

UVBが全紫外線のうちおよそ10%を占める紫外線です。
オゾン層に吸収されるため地表に到達す量自体は少ないですが、エネルギーがUVAと比べて強いため皮膚は防御のためにメラニン色素を作り出します。
特に夏季に多くなる紫外線で、真っ赤に腫れたような強い日焼けの原因となる紫外線です。

 

UVC:

 

人間や動物などへの有害性が非常に強い紫外線ですが、そのオゾン層によってほぼ全てが吸収されるため地表には届きません。

 

メラニン色素を褐色化させるUVAとメラニン色素を作り出す原因となるUVBがシミの大きな原因となります。
特にニキビが発生している皮膚は一時的に防御機能が低下しています。
紫外線による刺激を受けやすく、メラニン色素が作られやすくなっているためシミになりやすいという特徴があります。
ニキビ跡をシミにしないためにも入念なUVケアが必要です。

 

2:紫外線を避けるにはどうしたらよいか?

 

紫外線はたとえ曇りの日であっても雨の日であっても地表に届いています。
そのため天気や季節に関わらず、なるべく避けるようにしたほうがよいでしょう。紫外線を避ける方法には以下のようなものがあります。

 

・10時から14時の外出は避ける
紫外線は1日のうち正午に最も強くなります。また10時から14時の間には一日に照射される紫外線の50%が降り注ぐため、その時間帯の外出は避けるとよいでしょう。

 

・帽子を被る

体は衣服によって覆うことができるため、紫外線による害が現れにくい場所です。
しかし顔は衣服で覆うことができないため紫外線によるシミが発生しやすい部位と言えるでしょう。
また顔は皮脂の分泌量が多いためニキビができやすい部位でもあります。ニキビと紫外線によるダメージでよりシミができやすいと言えます。
なるべく外出の際は帽子を被るようにするとよいでしょう。キャップタイプの帽子よりハットタイプの帽子のほうが紫外線を防ぐ働きは強い傾向にあります。
ハットタイプの帽子を着用することによって紫外線の7割ほどをカットできるでしょう。

 

・UV対策の表記を意識する
PAとSPFというUVケアの指標があります。
日焼け止めなどに表記されるもので、それぞれ「Protection Grade Of UVA」「Sun Protection Factor」の略で紫外線への防御機能の強さを表しています。
PAはPA+、PA++のように+の個数で指標が示さ、SPFはSPF10、SPF40のように数値で指標が示されます。

 

 

PAの場合は防御効果の高さが+で表されています。
日常生活程度ならばPA+から++、屋外での活発な活動ならばPA++から+++、
夏季のレジャーやマリンスポーツならばPA+++以上を目安にUVケア製品を選ぶとよいでしょう。

 

SPFは太陽光に晒されたとき、皮膚に赤みが発生するまでの時間を何倍にできるかを示しています。
例えば太陽光に晒されてから20分で皮膚が赤くなってしまう人がSPF30の日焼け止めを適切に使用した場合、赤くなるまでの時間が600分に延びます。
ただしあくまで目安です。日常生活ではSPF10から20、屋外での活動ではSPF20から30、夏季のレジャーなどではSPF30以上のUVケア製品を選ぶとよいでしょう。

 

シミを防ぐための最大のポイントは紫外線を可能な限り避け、シミを作らせないことです。
紫外線は一年中地表に降り注いでいるため、夏季だけUVケアをするのではなく一年中対策をすることが重要です。
それでももしシミになってしまった場合は美白有効成分が含まれた化粧品や美容皮膚科での施術を受けるとよいかもしれません。

 

 

●まとめ●

 

ニキビ跡改善や紫外線によるダメージをケアするためには、お肌のターンオーバーの乱れを整えてあげることが大切です。
昼間に受けたダメージをそのまま放っておくとシミがますます増えてしまうことも…。
ニキビやニキビ跡のお肌はとても敏感ですので、刺激の少ない化粧水や美容液選びが大切です。

 

ダメージを受け敏感になっているたお肌は、たっぷりと水分補給&保湿のできる化粧水や美容液でしっかりとケアしてあげましょう。